協議会の紹介

愛知県栄養教諭・学校栄養職員協議会の紹介

目的

 学校給食の振興並びに学校における児童生徒の健やかな成長のため食育を推進する栄養教諭・学校栄養職員の職務の確立と資質向上を図る。

会長あいさつ

 昭和50年に発足した本協議会も昨年40周年という記念の年を迎えました。
愛知県では平成18年度に10名の栄養教諭が誕生して以来、現在では305名の栄養教諭と112名の学校栄養職員、計417名が、県内の小中学校、特別支援学校、夜間定時制高等学校において、学校給食・学校の食育を通して児童生徒の健やかな心身と豊かな人間性を育むために努めています。
「学校における食育の推進」が学習指導要領の総則に明記され、各学校においては様々な食育が実践されていますが、日々の取組の積み上げが、児童生徒のどのような変容や成果につながったかという評価が重要になってきています。
本協議会の会員である栄養教諭・学校栄養職員は、各学校における食育推進の中心的な役割を担う立場にあります。さらなる食育の推進と充実を図るためには、食に関する専門的な知識を深め、食を通して指導する教職員としての資質を一層高めることが大切です。加えて近年、食物アレルギーを有する児童生徒の増加、ノロウイルスによる集団感染、食材の異物混入等、学校給食を取り巻く危機管理体制の見直しも求められており、学校現場や共同調理場の実情に応じた改善策等を提案する力も身につける必要があると考えます。
今後は、会員相互の情報共有をさらに深めるとともに、次世代を担う子どもたちの望ましい食習慣の形成と生涯にわたる健康の保持増進と豊かな人間性を育むために、学校に根付いた食育を目指し一丸となって取り組んでまいります。
このホームページは、会員同士の情報共有・地域への情報発信の場です。多くの方にご覧いただければ幸いです。

会長:林 紫

基本方針

「食を通して育てよう 未来を担う愛知の子どもたち!」

活動

会員417名の中から、各地区より選出された役員・理事が<研修部会> <校長会アンケート・調査部会> <あゆみ・みのり部会> <食育推進部会> <庶務部会>に分かれ、各種事業を展開しています。
また、県内統一テーマに沿って、会員一同一丸となって研究を進めています。

28年度 統一テーマ

朝食をしっかり食べよう!

本部

小牧市立小牧中学校
〒485−0046 愛知県小牧市堀の内四丁目30番地
TEL (0568)77−6321
FAX (0568)75−8295

 

ページの先頭へ